• 長期インターンは「やめとけ」「意味ない」の真実に迫る!
公開:2024/02/17  更新:2024/05/11

長期インターンは「やめとけ」「意味ない」の真実に迫る!

長期インターンで言われる「意味ない」「やめとけ」という意見。実際はどうなのか?この記事では、長期インターンのメリットとデメリット、さらには「やめとけ」という意見が生まれる背景を解説します。
また、効果的に取り組むためのポイントや注意点も提供します。
「意味ない」のか「意味ある」のかを確認して、自身が目指すキャリアを最善に進められるよう慎重に考えましょう。
「長期インターンシップやめとけ」って本当?意味ないの?

1. 長期インターン「やめとけ」「意味ない」と言われるが本当か?徹底解説

「長期インターンシップやめとけ」、「意味ない」といった検索キーワードが目に付くようになりました。
長期インターンシップが重視されている中で、なぜこのような否定的な意見も存在しているのか、それは何なのかを詳細に探ります。
インターンシップとは、学生や若者が実務体験を積むために企業での業務体験をすることができます。
特に長期インターンシップでは、数か月にわたり業務を学び、具体的な業界知識を得ることができる点がメリットです。
また、ネットワーキングの機会も増え、将来的なキャリアアップにつながります。
一方で、「長期インターンシップやめとけ」の声が上がる理由も明確です。
「ノーペイ、ローペイの問題」、「経験が評価されない」、「正社員への抜擢が低い」、そして「バランスの取れないライフスタイル」など、厳しい現実がインターンシップの影を濃くしています。
しかし、否定的な意見だけを鵜呑みにしてしまうと長期インターンシップの意義を見落とすことになります。
未経験の領域に触れる機会が与えられ、就活への貴重なアドバンテージになることもあります。
また、自己開発にも役立ちます。この記事では、長期インターンシップをする際の注意点も含め、長期インターンシップの真実に迫ります。

2. 「やめとけ」「意味ない」とは言わせない!長期インターンのポイントを徹底理解

改めてのおさらいになりますが、長期インターンシップとは、一般的に学生や若手の求職者が、特定の企業で数か月から1年程度働く形態を指します。
従来の短期インターンシップと異なり、実務的な業務を手がけることが可能であり、企業の一員としての体験が可能となっています。
本章では、長期インターンシップの特性とそのメリットについて解説します。

2.1 実際の仕事経験が得られる貴重な体験・経験談となる

長期インターンシップの一番のメリットは、「実際の仕事を体験する」ことです。
実際の業務を任されることで、専門知識やスキルを身につけるだけでなく、会社の文化や働くということの本質を理解するきっかけとなります。
インターンシップ期間中に培った経験は、自分の選びたい業界や職種が明確になり、就活の際に大きなアドバンテージとなり、面接での体験談として具体的に説明ができることにつながったり、ガクチカなどでアピールできるだけでなく、自分の経験として大きな糧となります。

2.2 具体的な業界知識と自分の将来を考える機会

長期インターンシップに参加することで、その業界の具体的な知識を吸収することができるのもメリットの一つです。
特に、就活のために業界研究や自己分析にお悩みの大学生にとっては、就活の前に自身が将来進むべき道について具体的なイメージを掴むことが目的であり、長期インターンを体験することがより自分の強みが発揮できるのかを具現化することにつながります。
また、現場での経験は、学校やセミナーでは教えてくれないリアルな情報を得ることができ、就活にも役立つことにつながります。

2.3 社会人の人脈作りは大きな強みのひとつ

長期インターンシップでは、同業他社の人々と出会う機会も目的の一つとして挙げられ、長期インターンの探し方として人脈が得られるという考えで、参加する大学生もいます。
これらの機会は自身のネットワークを広げるだけでなく、業界の最先端情報を知ることができます。
インターンシップ期間中に構築した関係は、就活時のキャリア相談や、就活後のキャリア形成において貴重な財産となる点もアルバイトや短期インターンにはないメリットです。

3.長期インターンシップは「やめとけ」「意味ない」という多くの誤解

一部の人々が「長期インターンシップはやめとけ」「意味ない」と主張する根拠には、どのようなものがあるのでしょうか。それらは主に以下の4点に集約されることが多いです。その誤解を徹底解説してきます。

「やめとけ」の誤解①:インターンシップは無償だから意味ない?

長期インターンシップの最大の欠点の一つは、報酬が低いか、あるいは全くない場合があるということです。
お金を得るのではなく、経験と知識を得るために働くことは一見魅力的に思えますが、日々の食費や交通費、生活費を賄うことが難しくなる可能性があります。
特に、高い生活費がかかる都市でインターンシップをする場合、生活費の捻出が課題になります。
パートタイムのアルバイトを探して収入補完を図る選択肢もありますが、それによってインターンシップに充てる時間やエネルギーが少なくなる可能性も考えられます。
しかし、最近の長期インターンシップにおいては、実務体験を主眼とした上で報酬が出るケースが大半です。
また、通常のアルバイトに加えたメリットも大きいことから、昨今の長期インターンシップの実情から見ると、あまり問題ではないと考えられます。

「やめとけ」の誤解②:インターンはガクチカとして有利な評価にならないから意味ない?

次に、インターンシップが終わった後に得た経験談が有利に評価されないという声も聞こえてきます。
ここでよく誤解されるのが、短期インターンシップは、あまり経験談として有利に評価できると思われることはありません。短期インターンの場合は座学が中心であり、大学生が経験し、挑戦するカリキュラムとは異なるからです。
逆に長期インターンは実務体験を通して、自ら目的意識をもって取り組む大学生はガクチカで面接時にアピールするなど、自身のキャリアや就活で大いに役に立つものといえます。それは、多くの企業は、インターンシップそのものではなく、実際に学生がどのような経験をしてきたのかという実務体験を重視するためです。
インターンシップ中にどのようなスキルや知識を習得したか、どのような業績を上げたのかを具体的に見て評価することができるのが長期インターンシップの大きなメリットの一つになるため、短期と長期の間に違いがある点に注意してください。
先ほど紹介したとおり、就活やガクチカなどに活用できるのも長期インターンの大きな強みであり、メリットと言えます。

「やめとけ」の誤解③:インターンシップをしても正社員への抜擢率が低いから意味ない?

長期インターンシップには単なる「働き手としての経験」だけでなく、「将来の雇用」への期待も含まれます。
しかし、実際にはインターンシップ終了後に正社員に抜擢される割合は低いというデータもあります。
インターンシップの目的が「スキルや経験の獲得」であると考えるならば、この点はあまり問題になりませんが、「就活の足がかりを得るため」にインターンシップを考えているのであれば、この点をよく認識しておくことが重要です。
また、誤解されることの一つに、「参加した」ということが就活で有利に評価されると考えている学生も見受けられますが、当然のこととして、参加そのものが就活で有利に評価されるのではなく、参加は前提として、どのようにその会社に貢献できるのか、また将来的に貢献度合いがどうなのか?を企業側は就活で聞きたいと思っており、大手であってもベンチャーであっても、同様の傾向が見られます。
そのため、長期インターンシップに参加したことをもって、自身で過大に評価することは、実際の就活では決して有利に働かないということを忘れないようにしてください。

「やめとけ」の誤解④:ライフスタイルのバランスが取れないから意味ない?

最後に、長期インターンシップは、プライベートと仕事のバランスをとることが難しいという側面もあります。
特に長期インターンシップでは、一定期間休みのない長時間労働が求められることもあります。
このような状況では、仕事以外の時間を自己啓発に充てる時間が減少しますし、健康面や精神面にも悪影響を及ぼす可能性があると考えられている場合があります。
しかし、実際によく考えていただきたい点として、そもそも仮に長時間勤務が連続する会社だったとした場合、そういう企業の実態を知らずに、就職することを避けるため、という目的もあることを忘れないでください。
つまり、長時間労働をするというその時だけの問題をフォーカスするのではなく、社会人になってからでは遅いため、そういう企業を知る目的もあるということです。

「やめとけ」の誤解⑤:大手の長期インターンではないから意味ない?

大学生の中には、長期インターンを探す際に、大手というものをキーワードに探し方を選ぶケースも多いと思います。
しかし、実際にガクチカとして経験談を語るためという目的でもなく、単純に大手だからという探し方は、本来の長期インターンの目的からずれてしまうため、おすすめしません。
本来大手や中小などといった企業規模に関わらず、自分の「強み」を知ることが目的であり、面接などでも企業側が規模を重視している大学生に対して、選考を有利に進めることはありません。
そのため、大手ではないから意味ないという考えで、長期インターンを選ばらないように注意してください。大手でやベンチャーなどではなく、自分がしたいと思える仕事に出会うことができれば、就活で有利に働く以上に、将来活躍することは間違いありません。

4. 長期インターンの目的と優位性を知れば「やめとけ」「意味ない」ではない

長期インターンシップは一見不確定要素が多く、リスクが伴うかのように感じられますが、実際はそうではないケース、社会人になってからのリスクを回避するケースなど、逆の視点で見れば、大きなメリットであり、機会でもあります。
以下では、長期インターンシップが持つ3つの大きな意義とメリットについて解説いたします。

4.1 知らない世界をより深く知れる機会は他にない

長期インターンシップは、大学生や新卒者が未経験の業界や職種に触れる大切な機会となります。
特に、大手企業の長期インターンシップは、一般的な短期インターンシップよりも実践的な職場体験が可能で、より具体的な業界知識や専門スキルを身につけられ、大きなメリットや目的となっています。
業界のリアルな現場を知ることで、自分が将来どのようなキャリアを進むべきかを見つける手助けとなります。

4.2 就活や面接のアドバンテージと目的理解の重要性

また、長期インターンシップは、大学生にとって就職活動における大きなアドバンテージにもなります。
インターンシップ先の企業への就職を希望する場合、長期間働くことにより企業の文化や風土を理解することができ、面接やエントリーシートにおける自己PRに役立つことが大きな目的に挙げられるだけでなく、就活以前より面識があり、評価対象となっていることから、企業側から来てほしいと思われていれば、就活で有利に働く可能性は極めて高いと言えます。
また、ガクチカや面接時の体験談として活用するなど他の応募者と差別化を図るための実務体験としても、長期インターンシップの経験は価値があるとともに、経験することにより探し方も一工夫することができ、就職活動では大きなプラスになります。

4.3 自分の人生で好きなことや得意なことができるチャンス

長期インターンシップは、学生時代に自分の好きなことや強みを知る絶好の機会でもあります。
一方で、長期インターンシップは一部の企業ではノーペイまたはローペイの問題があり、経済的な負担が伴うこともないわけではありません。
しかし、長期インターンの本来の目的を考えれば、実態としてはあまりないケースであり、自分自身の成長とスキルアップならびに社会人になる前に自身の望まない会社を回避できるという様々な利点からみて、それは小さな投資とも言えるでしょう。
また、これからの時代は会社で働くではなく、職を選び、職で働く時代がくるため、会社というもので選ぶことなく、職業で自分のキャリアを考えるようにすることをおすすめします。

5. 後で後悔しない!長期インターンで間違えてはいけない注意点!

長期インターンシップのメリットとデメリットについてご紹介しましたが、実際に長期インターンシップを選択する際には以下のような注意点を心に留めておきましょう。
様々な注意点がありますが、迷ったときは本来の目的を思い返し、自分にとって最善であり、かつ最大限の結果が生まれるよう、活用していくことをおすすめします。

5.1 目先の業務内容だけで判断しない

長期インターンシップでは、ほとんどの時間を実務と呼ばれる仕事に割くことが多いです。
そのため、全体感やその業界がおかれている状況を把握しないままに、向いているか向いていないかで判断してしまうことがあります。
しかし、本来の目的を改めて見つめ直し実際の業務に振り回されることなく、業界の将来性、自身のキャリアアップのイメージとの合致など、目先の業務に振り回されず、長く働ける会社かどうか、キャリアアップができる会社かどうかという目線で判断するのがおすすめです。

5.2 自分を大きく見せず自己価値を正しく見積もる

長期インターンシップは経験を積む良い機会ですが、働きながら自己評価が低くなることがあります。
他社の正社員と比較して自分が足りていないと感じたり、自分の働きが評価されていないと感じるかもしれません。
しかし、そういった時こそ自己価値を正しく見積もることが大切です。
インターンシップで経鎓したこと全てがあなた自身の成長につながります。
自分自身の経験とスキルに自信を持ち、それを誇りとしたうえで働き続けることが大切であり、おすすめです。

5.3 いつ・何をしたいかを明確にしたあるべき目標設定

また、長期インターンシップに参加する際には、明確な目的や目標を設定することも重要です。
前述したとおり、大手だからという理由で選定したり、漠然と参加するのではなく、何を達成したいのか、またはどのスキルを習得したいのかをはっきりと定めておきましょう。
うまく目標を設定することで、本当は自分は何がしたいのか、何をすべきか明確になるだけでなく、モチベーションにもつながります。
また、実際に働きたい企業の探し方においても、目的を踏まえ、企業を選ぶとともに、実際の面接においても、企業側に自分の意志を明確に伝えることで期待値を合わせることも可能になります。

5.4 大学生の間に経験すれば遅いということはない

大学生の中には、大学4年生から始めるのは遅いのではないか?大学3年生から始めるのは遅いのではないか?と考える方も少なくないと感じます。しかし始めるタイミングで遅いということは決してありません。
とはいっても、ガクチカで話ができない。就活後であれば意味ない。という意見が出てくるかもしれません。
しかし、皆さんの人生はこれから長い長い社会人生活が始まります。
その観点で見れば、ガクチカとして使えないから遅いなどということはなく、早いうちに自分の強みを見つめ、社会人で活躍できる環境にチャレンジすることはいつでも可能です。そのため、自分がやってみたいと思うタイミングを大事に、長期インターンに参加することを強くおすすめします。

6. インターンは「やめとけ」「意味ない」どころか貴重な体験

長期インターンシップには利点だけではなく、欠点もないわけではありません。
しかし、「やめとけ」「意味ない」と言う声だけで判断するのではなく、全体の目的意識や強みを知る機会が得られるなど、大きなメリットがあり、実態をしっかりと確認することが必要です。
そのような意見は大勢の中の一部でしかないということを含め、的確に長期インターンシップの目的や背景を理解すれば、自身のキャリア発展に対する正しい視点と目標設定の上で、価値ある経験になり得るということを認識できるものであり、皆さんにとって大きなメリットであり、プラスになることは間違いありません。
同時に、ガクチカだけではなく具体的な面接での体験談をすることで就職活動でも有利になるだけでなく、漠然と大手志向だった学生が長期インターンをとおして、仕事の中身で仕事探しをするなど、自分の就職活動の探し方を変えるきっかけにもなり、同じように大きなメリットとなります。是非、紹介した内容を踏まえ、長期インターンで正しい経験を重ねていくことをおすすめします。

カテゴリ
同じカテゴリの記事