• 長期インターンの面接対策はコレで完璧!あらゆる視点で徹底解説!
公開:2024/04/04  更新:2024/04/22

長期インターンの面接対策はコレで完璧!あらゆる視点で徹底解説!

長期インターンに参加するために避けて通れない面接への対策や定番質問への回答のポイント、注意点、事前準備など、あらゆる視点から徹底解説していきます。
長期インターンの面接対策を徹底解説

1. 長期インターンの面接に対策は必要?難しい?

長期インターンを目指す学生にとって面接と質問への回答は、一つの大きな壁になります。多くの方が疑問に持つ点は「面接対策は必要なのだろうか」ということでしょう。この疑問に対し明確に答えは「YES」です。長期インターンの面接に臨むにあたり、適切な対策を行い、適切に質問への回答をすることの準備を行うことは非常に大切です。
企業側は単なる志望動機や実務力だけでなく、候補者の人間性や企業に対する熱意、将来性なども見極めるため、自己分析や企業研究を始めとした準備と対策が必要になります。
さらに、長期インターンは短期間のアルバイトやインターンシップとは異なり、長い期間企業とともに成長していく可能性もありますので、面接では自分が長い時間を過ごす企業の一員として適切かどうかをじっくりと見極められるからです。

これらを踏まえて、対策を行うことで、自分の考えをしっかり整理することにつながり、志望動機や自己紹介などもしっかりと整理することができます。

2. 長期インターンシップの面接に向けて対策をしておくこと

長期インターンシップの面接を成功させるための重要ポイントは、万全の対策を事前に整えておくことです。長期インターンシップは通常の短期インターンより、学生と企業がお互いを深く知る機会となりますので、面接では人物像や将来への思い描く姿勢などが重要視されます。また、志望動機をしっかりと考えておくとともに、面接官への逆質問を考えておくことも、よりよい長期インターンに出会うためのポイントとなります。

そのためにも、面接への対策として自己分析を行い、自分の強みや弱みを明確にしておく必要があるのです。また、志望動機だけでなく応募する企業についての知識も不可欠です。どんな業界で、どのような職種にチャレンジしたいのかを明確にして、面接官にあなたの意志と熱意をしっかりと伝える準備と想定される質問の対策をしましょう。

自己分析:自分の「強み」や「弱み」の把握

自己分析は、長期インターンシップの面接対策だけでなく、自身のキャリアを考える上でも非常に重要です。それは、自分自身のことを深く理解し、どんな状況においても自己の価値を最大化できるようにするためであります。

自分の「強み」については詳述できるようにしておき、また、「弱み」についても、それをどう克服しようとしているのかを面接官に伝えることで、自己成長への意欲を示すことができます。自己分析はさまざまなアプローチがありますが、さらなる対策として、具体的な経験やエピソードを交えながら、自己PRにつなげることが大切です。

企業研究:大手などの規模ではない企業の将来性や興味ある業界の把握

企業研究をすることは私たちが志望する企業を本質的に理解するために不可欠です。業界の傾向や、企業のビジネスモデル、企業文化、そして将来性についての情報収集は、面接の質問に対する答えを豊かにするだけでなく、面接時には面接官への興味関心を示す材料にもなります。

その企業がどのような挑戦をしているのか、何を大切にしているのかを理解し、自分がそこにどのように貢献できるのかを考えることで、企業にとって価値あるアセットであるというポジションを築くことが可能になります。面接では、その企業ならではの事業内容やニュースなどを引き合いに出すことで、面接官に対する準備のできている印象を与えましょう。

職業研究:どんな職種に興味があるかの把握

職業研究は、長期インターンシップ先の選定において欠かせないステップです。あなたがどの分野に関心があるのか、何を学びたいのか、将来どんなキャリアを築きたいのか、それらの目標に合った職種を探すことが大切です。

長期インターンシップでは、学校での学びだけでなく、実務を通じて専門知識や技能を習得できる貴重なチャンスがあります。面接では、特定の職種に就きたい理由やその職種を通じてどのようなスキルアップを図りたいのかを明確にし、面接時に質問されることの対策をしておくことが成功へのカギとなります。

3. 長期インターン面接の質問でよく聞かれること6選!

長期インターンの面接では、企業の方針や学生自身の性格、志望動機と本気度を見極めるため、いくつかの定番質問が投げかけられます。ここでは、面接官がよく使用する定番質問例として、特に注目されやすい6つの質問をピックアップしてご紹介しますので、面接対策に活用してください。

これら定番質問に対する回答を事前に練習しておくことで、面接時の自信につなげ、また、自己理解を深めるきっかけにもなります。質問の種類としては、自己PR、業界や企業への理解度、過去の経験、将来への意欲など多岐にわたり、これらを通じて自分を正確に伝えることが重要です。

定番質問①:応募したい企業の志望動機

面接で定番の質問として聞かれることに、志望動機があります。企業はなぜあなたがそのインターンに応募したのか、真剣に考えたうえでの応募なのかを理解するために質問をしてきます。それぞれの学生にとって志望動機は異なりますが、共通して重要なのは具体性です。

質問に対して企業のどの点に魅力を感じ、どういった点で自分自身の成長に繋がると考えているかを明確に伝えることが求められます。この企業ならではの文化、事業内容、将来性などをリサーチし、自分なりの言葉で説明することが大切です。

定番質問②:長期インターンへの参加目的

次に聞かれる質問としては、参加目的です。長期インターンの参加目的について質問された場合、自身のキャリアプランとインターン参加によって何を得たいのかを述べます。

この質問では単に就職先を探すためではなく、実務経験を積むことで専門的なスキルやビジネス感覚を身につけたい、具体的な業界や職種での経験を積むことで自分の適性を探りたいなど、具体的で積極的な意欲を示すことが大切であり、対策としてきちんと答えらるような準備が必要です。

また、自分がどのような価値を企業にもたらせるかも考え、その上で、長期インターン参加を通じて自分自身がどのように成長していきたいかを考慮しておくことがポイントとなります。

また、実際の長期インターンに参加した先輩が、どのようなことを目的に応募した企業の長期インターンに参加したことを逆質問するのも、参考になります。この逆質問で、自分が考えている目的が、その企業で達成できるのかどうかのヒントになります。

定番質問③:学生時代に力を入れたこと

他の定番質問と言えば、ガクチカになります。
学生時代に力を入れたことについて質問された際には、単に時間を費やしたことよりも、その経験から何を学び、どのようなスキルや知識が身についたのかを具体的に話すことが求められます。

この質問では、例として、部活動でのリーダーシップ経験やアルバイトでのコミュニケーション能力の向上、ゼミでの研究内容とその成果など、どのような点で自己成長につながったのかを具体的に説明しましょう。またその経験がインターンでも活かされる点を述べることで、面接官に自分の能力をアピールすることができます。

長期インターンを経験することで、それがさらなるガクチカにつながることもありますが、長期インターン以外で経験したことについても、ガクチカとして面接時の質問に回答できるようにしておくことがポイントです。

定番質問④:自分の長所と短所

就職活動の定番質問ともいえるのは、長所と短所です。長所と短所を質問された場合には、簡単な自己主張だけではなく、自己反省と向上心を持って回答することが重要です。長所については、より具体的で実例に基づいた話をすることが好印象です。

一方で短所については、自分の弱みを正直に認めつつも、それを改善するためにどのような努力をしているか、またそれが如何にして長所に転化できるかというポジティブな視点も忘れずに伝えるべきです。

定番質問⑤:長期インターンで挑戦したいこと

最後に聞かれることの定番質問は、長期インターンでやってみたいことや挑戦したいことは?という質問です。難しい質問ですが、面接対策を考える時に、自身で整理しておくことが大切な質問です。

理由として長期インターン期間中に挑戦したいことを問う質問には、あなたの熱意と意欲が試されるからです。。ここで大切なのはただ単純にタスクをこなしたいということではなく、その業務を通じてどんな専門性や視点、スキルを獲得したいのかを明確にすることです。また、この質問の際に、どんなことができるのか?などを逆質問することで、会社への本気度をアピールすることにつながり、おすすめです。

挑戦したいことの例として、マーケティングの分析手法を身につけたい、新しいプロジェクトを立ち上げたいなど、具体的な目標を持って取り組みたい内容を述べます。また、それがなぜ自分にとって重要なのかや、将来への展望にどう結びつくのかについても触れてみましょう。

定番質問⑥:応募企業に聞いてみたい逆質問

長期インターン期間中やその後のキャリアの実現に関して、逆質問として企業に聞きたいことを質問される場合もあります。ここでは、単に興味本位で質問するのではなく、自己の成長やキャリアプランを踏まえた上で、具体的に情報取得を目的とした質問を準備することが大事です。逆質問の機会に、自分の聞きたいことをしっかりと確認することで、お互いのミスマッチ軽減につながります。

例として、将来的に正社員への登用があるのか、インターン中に担当するプロジェクトの具体例や、社内でのメンターシステムの有無など、あなたが真剣に企業との関係を築きたいと思っていることを伝えるような逆質問を考えましょう。

4. 長期インターンに合格率の高い人の3つの特徴

インターンシップは学生にとって大きなチャンスですが、特に長期間に渡るインターンへの参加は、その後のキャリア形成において大きな影響を与えます。長期間のインターンシップに合格するためには、いくつかの特徴を備えている必要があります。

合格率の高い人には共通する特徴が見られ、これらを意識することで面接時のアピールポイントとすることができます。長期インターンを目指す学生は、これらの特徴をしっかり理解して、面接対策を行うことをおすすめします。

特徴①:参加目的・応募企業への応募理由が明確

長期インターンシップに合格する学生は、自身がインターンに参加する目的や応募企業を選んだ理由を明確にしています。インターンシップは学生にとって重要な学びの場であると同時に、企業にとっては将来の戦力を見極める機会でもあります。そのため、面接官は参加意欲が高く、企業のビジョンに共感する学生を求めています。

合格する学生は、自己分析を進めることで自分自身の強みや興味を明確にし、それをもとに企業選びを行います。また、企業研究を通じて、応募企業の事業内容や経営理念を深く理解し、面接でその熱意を的確に伝えることができます。

特徴②:自分の意見をしっかり伝え、面接官の話をしっかり聞く

面接では、自分の考えをしっかりと述べることと同時に、面接官の話に耳を傾ける態度が非常に重要です。合格する人は、自分の強みや将来の目標を具体的かつ論理的に説明する能力を持っています。彼らは自信を持って己の強みをアピールしつつ、面接官の質問や意見に対し、きちんとしたリアクションを示すことができるのです。

これにより、コミュニケーション能力の高さを面接官に印象付けることができます。柔軟かつ適切な対話を行うことで、協働する際の協調性や社会性をアピールすることができるでしょう。

特徴③:応募企業への逆質問をしっかり準備する等の熱意

長期インターンに成功する人は、ただ漠然と面接に臨むのではなく、事前に応募企業に対する質問を準備します。これは面接官に対して自身の強い関心と熱意を示す良い方法です。企業が取り組んでいるプロジェクトや業界内での立ち位置、社内文化などに関する質問は、応募者が真剣に企業との長期的な関係構築に興味があることを示します。

また、質問は単に情報を得るものではなく、自分の価値観や職業上の目標が企業のものと合致しているかを確認するための手段となります。率直で思慮深い質問は、面接官の印象に残りやすく、自身の合格可能性を高めることにつながるでしょう。

5. 長期インターンの面接における注意点を解説

長期インターンの面接を控えている方にとって、面接は大切な一つのゲートです。面接時には様々な注意点があるのですが、その中で最も重要なポイントのいくつかをここで解説します。長期インターンは通常のアルバイトや短期インターンと異なり、企業での実際のプロジェクトに長期にわたって参加する機会ですので、企業側も採用を真剣に考えているからです。

そのため、面接では、実際にその企業で働くかどうかを見極める場となります。また、学生自身にとっても自分のキャリアを形成する大きなチャンスであるため、準備は手を抜けません。

5.1. 開始10分前には到着しておくこと

長期インターンの面接に限らず、どんな面接においても、開始時間ぴったりや遅れて到着するのは避けるべきことです。面接開始の10分前には、会場に到着していることが理想的です。これは単に時間厳守のマナーを守るという意味だけでなく、余裕を持って会場の雰囲気に慣れ、必要な準備を整えるためです。

また、面接官に「しっかりと準備をして臨んでいる」という印象を与えることができます。たとえ交通の乱れなどのトラブルが発生しても対応できるように、ルートや時間帯を事前にリサーチしておくことも大切です。

5.2. 企業情報の事前把握と興味があるポイントの整理

長期インターンの面接を成功させるためには、面接前に企業情報をしっかりと事前に把握しておくことが重要です。企業の歴史、ビジョン、業界内での位置付け、社員インタビューや事例など、多角的に企業を研究しておきましょう。

そして、その中で自分が特に興味を持ったポイントや疑問に思ったこと、共感した価値観などを整理して、面接時に的確に話せるようにしておくことが大切です。自分がなぜその企業を選んだのか、どこに価値を見出しているのかを伝えられると、面接官に強い印象を残すことができるでしょう。

5.3. 会場に入る前に服装や身だしなみを再チェック

面接前には服装や身だしなみを再チェックすることを忘れてはなりません。特に長期インターンの面接では、社会人としてのふるまいや品格が求められることも多いため、清潔感のある服装を心がけることが大切です。

髪の毛や爪の長さ、ひげなどもきちんと整え、身だしなみを整えることで面接官に良い印象を与えることができます。また、あらかじめ会場のドレスコードなどを調べておくと、場違いな格好になるリスクを避けることができます。

6. 長期インターン面接でよくある疑問

長期インターンシップの面接は、多くの不安や疑問を持つ学生にとって重要な段階です。ここでは、実際に面接を控える方々が頭に抱えがちないくつかの一般的な質問について、詳しく解説していきます。長期インターンを志望する学生が最も不安に思うことは、面接の過程で予想外の質問にどう応じるか、またどのような準備をすれば良いのかという点です。

このセクションでは、それらの疑問に対して具体的な回答と有用な情報を提供いたします。面接を成功に導くには、事前の準備として知っておかなければならないことも多々ありますが、それに加えて、面接中に心掛けるべきポイントや、後で反省する点についても触れていきましょう。

Q1.採用までの面接の平均実施回数は?

多くの学生が気になる長期インターンの面接ですが、その平均実施回数について見ていきます。通常、長期インターンシップの選考プロセスでは、一次面接から最終面接まで複数回にわたって面接が行われることが一般的です。特に大手企業や人気の業界では、3回から5回程度の面接が行われるケースが少なくありません。

一方で、スタートアップ企業などでは、フラットなコミュニケーションを重視する傾向にあるため、1回から2回の面接で選考が完結することもあります。したがって、企業や業界によって面接回数には大きな差があることを理解しておく必要があります。また、面接回数だけでなく、面接官がどのようなことを重視しているか、それに対してどう準備するかが重要になってきます。

Q2.1回あたりの平均面接時間は?

次に、長期インターンシップの面接における平均的な面接時間について考えてみましょう。長期インターン面接の平均時間は一般に、30分から1時間程度が標準的です。企業や面接官によっては、より短い時間での面接を行う場合もありますし、逆に深い内容について話し合うために1時間以上を費やすこともあります。

大事なのは、限られた時間の中で自己紹介から志望動機、過去の経験やこれからの展望に至るまで、分かりやすくかつ簡潔に伝えることが求められます。面接時間を有効活用するためにも、事前に予想される質問に対する答えを準備し、自己PRが明快かつ具体的になるように努めることが大切です。

Q3.面接実施後の辞退は問題ない?

長期インターンシップ面接を経てオファーを頂いた後、様々な事情で辞退を考えることもあるかもしれません。面接後に辞退をする際は、問題がないかどうか多くの学生が悩まれるところですが、最終的には自分のキャリアにとってベストな選択をすることが何よりも重要です。

オファーを辞退する際には、丁寧かつ誠実にその旨を伝える必要があります。無断で連絡を絶つようなことは、社会人としての信頼を失うことに繋がりかねませんので、避けなければなりません。自分の判断に自信を持ちながらも、関係者には敬意を払うことが求められるのです。

Q4.面接で落ちることを気にしないほうが良い?

面接で落ちることが気になって、聞きたいことや言いたいことが言えない。という大学生もいます。実際に、志望する企業の長期インターンに参加したいと思えば思うほど、遠慮してしまうものです。

ですが、最終的には、自分の言いたいことや聞きたいことを聞いて、落ちるのであれば、最終的には、自分にマッチしていない企業だったと整理することができます。
本音で話すことができない企業や、言いたいことが言えない企業であれば、入社した後もっと苦労することになります。
そのため、落ちることを気にするのではなく、落ちる会社は落ちるものだと思って、物おじせずに面接に臨むようにしましょう。

7. 長期インターン面接終了後でやるべき行動3選

長期インターンシップの面接は終了しても、その後の行動が非常に重要です。面接が終わった直後こそ、自分自身を見つめなおし、さらなる前進のための大切な一歩を踏み出すチャンスになります。

ここでは、長期インターンの面接後にやるべき行動3選をご紹介します。これらを実施することで、次の機会へとつなげることができるでしょう。

7.1. 面接についての自己評価と振り返り

面接が終わったら、まずは自己評価と振り返りを行うことが大切です。その日のうちに、面接での自分の受け答えや行動、面接官からの質問や反応などを詳細にノートに記録しましょう。どのような点が良かったのか、反省点はどこにあるのかを考えることは、次の面接での成長につながります。

具体的に力を入れた点、事前の準備が役立ったか、緊張の度合い、面接官の反応から感じたことなどを振り返ることで、自己の面接スキル向上につなげることができるでしょう。

7.2. 面接企業への御礼メールの実施

面接終了後は、面接に参加させていただいた感謝の意を込めた御礼メールを送ることをお勧めします。これは、単に礼儀を示すためだけでなく、自分の印象を面接官に再び思い出してもらうための大事な手段となります。

メールであれば、面接後すぐにでも送ることができますし、丁寧な言葉を選び、簡潔に自分の意欲や感謝の気持ちを伝えることが求められます。また、面接の際に話題になった内容に触れることで、よりパーソナライズされた印象を与えることができるでしょう。

7.3. 自分にマッチした企業かどうかの再確認

最後に、自分が面接を受けた企業が本当に自分に合っているかどうかを再確認することが重要です。面接を通じて知り得た企業の文化、求める人材、仕事の内容などを冷静に分析し、自分の価値観やキャリアプランに合致しているかを見極めましょう。

万が一、自分に合わないと感じた場合は、軌道修正するための機会として捉えることも大事です。この再確認プロセスを通じて、より自分に適した企業を見つけ出すことにつながります。

カテゴリ
同じカテゴリの記事