• 【2024年最新】長期インターンの期間はどれくらいがベスト?週何日何時間?
公開:2024/04/06  更新:2024/05/11

【2024年最新】長期インターンの期間はどれくらいがベスト?週何日何時間?

キャリアアップを真剣に考える学生のみなさまへ。長期インターンってどのくらいの期間が理想なのでしょうか。週に何日、何時間働くべき?就活に有利になる期間は?実体験を踏まえたおすすめとは?それぞれの期間毎でどのようなメリットがあるのか、長期インターンを充実して働くためにどのような時間の使い方をするのかを徹底解説します。
長期インターンのベストな期間

1.長期インターンでベストな期間は?ズバリ回答!

インターンシップといえば1週間程度をイメージする方も多いと思いますが、長期インターンに参加する上でどのくらいの期間で働くのがおすすめなのか、先に結論から言えば、理想は約1年程度がおすすめです。短すぎる場合、自分の強みを理解できないだけでなく、長期インターン先の企業や職種の理解が進まない状態になってしまい、有益なガクチカや就活につながりません。逆に長すぎると、自分にとっての弱みや、より自分の強みを発見する機会の喪失につながってしまい、就活で自分にマッチした企業を選びにくくなってしまいます。

就活の際に、ガクチカとして長期インターンを説明することからも、適切な期間でしっかりと仕事の理解を深めることができれば、今後のキャリアアップに大きな影響をもたらしてくれます。
それぞれの期間の特徴なども含めて、徹底解説していきます。

2.ガクチカにも影響?長期インターンで働く期間はどのくらい?

学生や若いビジネスパーソンにとって、実務経験を積む手段として注目されてるのが「長期インターン」です。長期インターンのメリットは、実際の実務体験を通して、自身の強みややりたいことに合致した、自分に合う仕事を探すことにあります。その上で、長期インターンのメリットを享受するための期間については、参加者の目的や学業の進度、アルバイトとの兼ね合いなどによって変わってきます。

即戦力となるためのスキルアップや人脈の構築、さらには将来のキャリアプランにおける具体的な道筋を確認するためには、ある程度の時間が必要になります。ここでは、そのおすすめや一般的な目安、各期間ごとのポイントについてまとめてみました。

短いと意味ない?長期インターンの最低期間は3ヶ月!

長期インターンを始める際、最低限とされる期間は3ヶ月間です。これは職場環境に慣れると同時に、短期インターンや1dayにはないメリットである学ぶべき知識やスキルを身に付けるのに必要な期間と言えるでしょう。また、企業側がインターン生の基本的な態度や能力を判断する上でも重要な時間です。

3ヶ月あれば、企業の文化やチームの雰囲気、そして仕事の進め方を理解し、ある程度は自身が貢献できるレベルに至ることができるはずです。
ただ、自分自身で3ヶ月では長期インターン先の企業の理解浸透が深まっていないなどがあれば、企業側の同意が必要ですが3ヶ月という時間にとらわれることなく、少し期間を伸ばすなどの柔軟な対応がおすすめです。長期インターンのメリットは実務体験を通して、自分の強みを知ることであるため、期間に縛られすぎないようにしてください。

実際に参加している平均期間はどの程度?

長期インターンの平均的な期間は6ヶ月から1年が多いようです。この期間は新たなプロジェクトに参画し、その一環として責任を持って仕事を進めることができる充分な時間と考えられます。実際に企画立案から実施、評価に至る一連の流れを経験するには、最低でもこのくらいの時間が必要となり、実際に就活で自分にマッチした企業を探すうえでも必要な期間と言えます。

また、実務経験を積むことで、仕事への適応力や解決能力、コミュニケーション能力といった就職に有利なスキルを身につけることができるでしょう。ただ、平均期間が必ずしも正しいということではあく、あくまで目安と捉えるようにしましょう。

長期インターンのおすすめ期間は1年間!?

先ほどもご紹介したとおり、長期インターンシップの理想的な期間がおすすめです。一つの企業や組織で四季を通じて業務に従事することができるため、季節ごとの仕事の変動やイベント等の年間サイクルを経験することが可能です。また、半年では見えてこなかった企業の中長期的な戦略やビジョンを理解し、それに沿った業務遂行ができるようになるため、更なるスキルアップや将来的な社会人としての資質の向上が期待できる点もおすすめできるポイントとなります。

もちろん、個々の状況に応じたフレキシブルな働き方も重要ですが、長期インターンにおける数ある期間の中で、1年間は特に多くの経験ができる重要なターニングポイントであると言えるでしょう。

3.期間毎の働き方や目的を徹底解説

長期インターンには様々な働き方や期間があり、学生や若手社会人がキャリア形成を見据えた働き方をする上で大きなヒントが隠されています。どのような働き方や目的が設定されているのかを深く掘り下げ、実際のプランに役立てていただく為のポイントを徹底解説します。3ヶ月から6ヶ月の短期から、1年以上の長期間に渡る長期インターンまで、探し方のポイントとなる目的に応じて、期間を考え、充実した学びや成長を目指しましょう。また各期間で参加するために、いつから始めるのが良いかもポイントです。

以上、自分が考える目的とベースに組み合わせながら、長期インターンに参加するようにしましょう。

①3ヶ月から6ヶ月:新しい職種による実務体験ができる

3ヶ月から6ヶ月の長期インターンは、新しい業界や職種に触れ、職業体験を積むためにはおすすめの期間です。短期集中して業務を体験できるため、自身の適性や興味がある分野の見極めにも最適です。さらに、短い期間ならば学業やプライベートとの両立もしやすいので、積極的にスキルを身につけたい学生にとって有意義な選択肢となります。

長期インターン期間中は、特定のプロジェクトにアサインされることも多く、成果を出した項目をポートフォリオにまとめることもできます。インターン終了後は、得た経験をもとに自身のキャリアパスを考えるための重要な一歩となるのです。

ただ、一点注意する必要あるポイントとして、社会人で働くということは10年以上の長期間働くことになります。
そのため、その期間で仮に良い結果を残せたとしても、それがずっと続くわけではありません。

3ヶ月体験した長期インターンが、その企業の業務のすべてであるという見方にならないように注意しましょう。
また、3ヶ月で長期インターンの期間が設定した場合で、1週間の参加日数が少ない場合、職種の理解は深まりにくいため、短期間の場合は、出来る限り1週間で参加する日数が増える長期休暇等に参加することをおすすめします。

②6ヶ月から1年間:自身にマッチした仕事かどうかを確認できる

長期インターンを6ヶ月から1年間行う場合、より深い専門知識やスキルの習得に焦点を置くことになります。この期間は実質的な仕事の経験を積みながら、企業文化や仕事の流れを理解し、自己成長を目指す最適な期間です。また、長い時間働くことで、実際の業務の中での問題解決能力やコミュニケーション能力を養うことができ、チームプレイヤーとしての資質も磨かれます。

半年以上の経験を経ることで、長期インターン先の企業から正社員としてのオファーを受ける可能性も高まるでしょう。このように、長期のインターンはキャリアアップのための大きな歩みとなる場合があり、一定の期間しっかり参加することをおすすめします。

③1年以上:自分の生きたい職種を決定し、より成果を出すため

1年以上の長期インターンでは、学んだスキルを活かし、自らがリーダーシップを取ってプロジェクトを推進する経験を積むことが可能です。長期間在籍することで、業務に対する深い理解とともに、組織における重要な位置を担うことが期待されます。

また、1年以上の長期間であれば、1週間で参加できる期間が1日程度だとしても、一定回数参加することになるため、理解を深めることができます。

同時に、この間に築ける人間関係やネットワークは非常に価値が高く、将来的なキャリア形成における大きなアドバンテージとなるでしょう。一方で、自身の進路を決定する上で、贅沢な時間を掛けることができる場合もあります。自分自身の強みやキャリアビジョンを明確にし、就職活動を有利に進めるための大切なステップとなるのです。

注意点として、長期間のインターンに参加する際に、学業との両立も考えながら、参加する点は注意してください。

4.充実して働くための時間の作り方

大学生や社会人にとって、長期インターンは多くの経験を積み、専門スキルや就業態度を身につける貴重な機会です。しかし、忙しい生活の中で長期インターンに費やす時間は十分にあるのでしょうか。時間は有限な資源であり、自分自身の生活と目標を両立させるためには、時間管理が不可欠です。

早めに計画を立て、それぞれの活動とのバランスを取ることで、長期インターン期間を充実させ、実りあるものにすることができます。時間を上手に作り出すことで、インターンシップはもちろんのこと、自己成長においても大きなステップになるのです。

大学の講義と両立しながら参加日程を調整する

大学生が長期インターンに参加する際に最も重要となるのは、大学の講義と長期インターンの両立と日程調整です。学業を優先しつつも実務経験を積むには、1週間で働ける日時はいつかを確認するなど、時間管理がキーとなります。まず、授業のスケジュールを把握し、必要な授業が集中している曜日や時間帯を避けるようにしましょう。

また、講義のない日に長期インターンを行うことで、日頃の学校生活とのバランスを取ることが可能です。予め学期の初めにシラバスを確認し、テスト期間やレポート提出の締め切りも考慮に入れて、長期インターンの予定を組むと良いでしょう。さらに、授業後や学校行事の後などの隙間時間を見つけ出し、そこを上手く活用することで、学業との両立がスムーズになります。

アルバイトから働き方を変える

多くの大学生が経済的理由や社会経験のためにアルバイトをしていますが、アルバイトから長期インターンに切り替えることで、将来につながるスキルや知識を身につけることができるとともに、ガクチカとして面接時のアピールにつながるなど、大きなメリットがあるといえることからおすすめします。アルバイトのシフトと長期インターンの予定を調整し、徐々に長期インターンへの参加時間を増やしていくことをお勧めします。
アルバイトと異なり、長期インターンでは業界や職種に特化した経験を積むことが可能であり、キャリア構築においては貴重な時間になります。また、将来の職業選択について考えながら、時間を投資することで、質の高い職業経験を積むことができる点もアルバイトにはない長期インターンの大きなメリットと言えます。

長期休暇をしっかり活用・計画を立てて参加する

長期インターンは、夏休みや冬休みなどの長い休暇を利用して参加する学生が多いです。これらの長期休暇を存分に活用するためには、計画的にスケジューリングすることが重要です。休暇前にはインターンの日程やプロジェクトの内容、自分の学業の進み具合をチェックし、スケジュールを立てましょう。

さらに、休暇中の自由な時間をいかにインターンに割り当てるかを考えることで、充実したインターン体験が実現します。計画を立てる際には、インターンのゴールや何を得たいのかという目的も明確にし、それに基づいた時間の使い方をすることが求められるでしょう。

5. 期間についての注意点やよくある質問

土日や夜間で働ける求人企業はあるの?

長期インターンを希望する多くの方が、「土日や夜間でも長期インターンに参加できるのか?」と疑問に思われるでしょう。これは長期インターン先によって大きく違いがあります。学生の場合、平日は講義があり、土日や夜間にインターンをしたいと考える方も多いことでしょう。

実際には、フレキシブルな働き方を提案している企業もあれば、正社員と同様の勤務が求められる場所もあります。中にはリモートワークを活用して、時間や場所を選ばずに仕事をする制度を取り入れている企業もあるのです。従って、応募する前に、きちんと勤務時間や条件を確認することが大切です。

また、実際に探し方がわからないという学生さんもいるかもしれませんが、就活サイトや、長期インターン求人サイトなどにも掲載されておりますので、一度チェックをしてみましょう。

週どのくらい働いたほうがいいの?

次に、長期インターンにおける適切な労働時間についての質問です。「週にどのくらいの日数働くのが適切なのか」という点は個人のスケジュールや目的によって変わりますが、平均的には週に2日から3日程度働くことが一般的です。学校の授業とのバランスを考慮しながら、自分の就職活動におけるゴール設定や、インターンを通じて何を学びたいかを明確にしましょう。働きすぎて学業が疎かにならないようにすることはもちろん、数週間で1日などあまりにも働く日数が少ないと、業務内容を深く理解することが難しくなる場合もあるのです。

就活のためにも最低でも1年続けなければダメですか?

長期インターンを始めるにあたり、就活のためにも「1年続けないと意味がないのか」と心配する声をよく耳にします。決して1年続けなければいけないわけではありません。むしろ、長期インターンの目的を明確にし、短期間でも具体的な成果や経験を積むことができれば、就活で不利になるということでありません。

大事なポイントは就活のためではなく、自分が働く目的や、就活時にどうなっていたいのかの目標、さらには将来どうなりたいのかという将来像を描いているのであれば、期間が問題になることはありません。

また、期間が短いと感じる場合でも、長期インターン先と相談し、延長や角度を変えた学びの機会を設けるなど、柔軟に対応することも重要です。ポイントは、期間にこだわるよりも、その時間の中でどれだけ自分が成長できるか、どんな貢献ができるかを考えることでしょう。

同じ長期インターン先で長く勤めてはダメですか?

短すぎる長期インターンについては以上のとおりですが、同時に逆に長く長期インターンを続ける場合も、それだけで悪いということはありません。実際に働く期間に正解はないからです。
ですが、長期インターンはこれから社会で活躍していくために、自分の「強み」や「弱み」を知ることを目的としています。あわせて自分の興味がある業界を知る機会でもあります。
その目的を考えたときに、今の仕事が自身の目的に合致した仕事であるために長く続けたいということではなく、今の環境が良いから、楽だからという理由で、同じ企業で働いた場合、その環境が変わった時に、結局自分の「強み」がわからないということにもつながります。
そのため、長期インターンで働く目的を改めて考えて、自分にとって適切な期間で働く期間を設定し、必要に応じて別の長期インターンに参加することが大きなメリットがあります。

6. 後悔しない!長期インターンの期間でよくある失敗例

長期インターンを経験するうえで、その期間は個々の目的や条件によって最適な長さがあります。しかし、事前にしっかりと計画を立てずに始めると期間設定に失敗し、最終的に期待していた成果を上げることができないケースがしばしば見受けられます。長期インターンを通じて得たい経験やスキルの習得、体系的な理解、企業への理解を深める、社会人としての基本的な仕事の方法を習得するなど、個々の目的に応じた期間設定が非常に重要です。

また、企業側の長期インターン生に対する期待やサポート体制も期間設定の重要な要素となります。長期インターンに求められる期間には、もちろん、目安となる標準的な長さがありますが、それに固執しすぎて失敗してしまう例も少なくありません。

期間が短すぎた失敗例:目的を達成できていない

長期インターンを始める際には、自らが達成したい目標を明確にすることが重要です。ガクチカとして就活の際にアピールすることを目的とする学生さんもいるかもしれませんが、最も大事なことは、自分自身が後悔のない職種に就くことであり、後悔しない就活をすることです。

そのためには、企業や職業について理解するための期間が一定必要となってしまいます。しかし、多くの大学生は、長期インターンに参加することを目的にしてしまうため、期間の短さを考慮せずに開始することから、結果として目的を達成する前に長期インターンが終了してしまうケースがあります。

例えば、新しいスキルの習得やプロジェクトの完成など、一定の時間が必要な目標は、計画的に期間を決めなければ成功へ導くことは難しくなります。こうした失敗を避けるためにも、インターン開始前には十分な準備と企業とのコミュニケーションが不可欠です。また、実際の業務に参加して初めて見えてくる課題に対しても、柔軟な対応を可能にするためには、余裕を持った期間設定が有効になります。

1週間や2週間でインターンシップを体験しても、イメージはつくことができますが、本質を見極めることはできず、業務経験や自分にマッチするかを判断することはできないことを認識した上で、適切に期間を設定することをおすすめです。

期間が長すぎた失敗例:自分の強みをしっかりと理解できなかった

反対に、期間を長くしすぎてしまうと、目的や成果の焦点がぼやけてしまい、自分の強みを定義し、それを伸ばす機会を十分に活用できなかった例も存在します。インターンでは、自己実現やキャリアアップのために、自らの強みや専門性を企業に示す機会となりますが、長期間にわたり場当たり的に業務をこなすだけでは、そのポテンシャルを十分にアピールすることはできません。

さらに、長すぎる期間は倦怠感を生むリスクもあり、モチベーションの維持が困難になることも考えられます。最大限にインターンの経験を活かすためには、自己分析を行い、強みを伸ばすための計画的な行動が必要です。それには、適切な期間設定がカギを握っているのです。

カテゴリ
同じカテゴリの記事