• 【2024最新】長期インターンの探し方6選!選び方や決め方のポイントも徹底解説!
公開:2024/02/17  更新:2024/05/11

【2024最新】長期インターンの探し方6選!選び方や決め方のポイントも徹底解説!

長期インターンシップの探し方・選び方・決め方

長期インターンシップといっても探し方がわからない?最適な一歩を踏み出すためには?
この記事では、自分に合った長期インターンの最新の探し方を6つの具体的な方法から徹底解説します。
また、大手やスタートアップなどの企業規模など以外に、実際に働く企業を決める上での選び方・決め方の重要ポイントについても詳細に徹底解説していきます。

1. 【探し方6選】自分にマッチした長期インターン求人を選ぶ!

就職活動はもちろん、実践的なスキルアップを目指すために、長期インターンシップを選ぶ学生が増えています。
しかし、たくさんの求人の中から自分にマッチするインターンを見つけるのは、簡単ではありません。
そこで、同じ長期インターンシップを探す中でも、効果的なアプローチを選んで、希望にぴったり合う長期インターンシップの探し方を6つ徹底解説します。
本解説を通じて、理想の長期インターンシップ先を見つけましょう。

探し方①:長期インターンの取り扱いがある求人サイトを有効活用

最初に挙げたい探し方は、やはりインターネット上の長期インターン求人サイトを活用する方法です。
特に、大学生向けや長期インターンシップに特化した求人サイトは、多くの企業が大学生の能力を見込んで最新の求人を出していますので、多様な業界の中から自らに適した長期インターンシップを見つけることができ、一番手っ取り早い長期インターンシップの探し方の一つです。
長期インターン求人サイトを利用するコツとしては、まずキーワード検索を工夫し、専攻分野や希望する業界、職種、地域などで絞り込みを行うことが重要です。
また、企業が提供する詳細な情報に目を通し、自分が学びたいことや経験したいことが実際に提供されているかをチェックするのも大切です。
長期インターン求人サイトにはレビューや企業ランキングといったユーザーからのフィードバックも掲載されていることが多いため、これらを参考にして選択肢を絞るのも良いでしょう。

探し方②:SNSアプリで自分にあった求人を探す

SNSアプリを利用した長期インターン求人の探し方も、現代においては重要な手段の一つとなっています。
たとえば、TwitterやFacebookなどのアプリで、特定のキーワードやハッシュタグを使って求人情報を検索することができます。
また、LinkedInのようなビジネス特化型SNSアプリでは、自分の職歴や実績を元に興味のある分野や企業からオファーを受けることもあります。SNSアプリを使った長期インターン探しの利点は、即時性やダイレクトに企業とコミュニケーションが取れる点にあります。
しかし、情報の信頼性を見極める目も必要になりますので、しっかりと企業の公式情報と照らし合わせながら活用することが求められます。
SNSアプリでのやり取りを通じ、企業の社風や長期インターンの内容についても併せて確認していくと良いでしょう。

探し方③:企業ホームページから直接求人募集を探す

企業のホームページには長期インターンの募集情報が直接掲載されていることが大半です。
自分が興味のある業界や企業をリストアップして、それぞれの企業サイトを訪れ、キャリアページやリクルートセクションをチェックする探し方もあります。
直接的な探し方であり、こうしたアプローチから長期インターン募集情報を得ることには、大きなメリットがあります。
まず、最新の情報を正確に得ることができますし、求人サイトには掲載されていないような独自の情報や、選考過程の具体的な説明を見つけることができるかもしれません。
また、直接応募することで、企業に自分の意志を強く伝えるチャンスにもなります。
企業サイトから応募する場合は、選考フローもしっかり理解し、準備を整えておくことが成功の鍵となるでしょう。

探し方④:長期インターン説明会や採用イベントなどを活用

実際に足を運んで企業担当者や先輩インターン生と直接話ができる、説明会や採用イベントの活用も探し方として非常に有効です。
学内外で開催されるこれらのイベントでは、職場の雰囲気や企業文化を感じることができ、実際に働くイメージを持つことができるでしょう。
また、自分から質問することによって、求人票にはないようなリアルな情報を得ることも可能です。
イベント参加を通じて得た知見をもとに、自分にとって本当にフィットする企業かを考える良い機会になりますし、ここでの出会いがその後の就職活動にも有利に働くことがあります。
ただし、参加する際には積極的にコミュニケーションを取り、自分の興味や志望動機を明確に伝えられるように準備しておきましょう。

探し方⑤:大学の就職課(キャリアセンター)で興味のある求人を探す

多くの大学にはキャリアセンターまたは就職課が設置されており、長期インターンシップの求人情報の提供だけでなく、指導やサポートを受けることができ、有効な探し方の一つです。
キャリアセンターが独自に持つコネクションを活かしての紹介や、専門のスタッフによる履歴書の添削、模擬面接などのサービスが用意されていることもあります。
また、学内での企業説明会の開催情報もここで入手できるため、就職活動への一助となるでしょう。
大学のキャリアセンターは大学生のパーソナルなキャリア開発を支援する場でもありますので、積極的に活用することが重要です。
自身の専攻や興味分野に応じて提案を受けたり、先生方のネットワークを通じて長期インターンシップのチャンスを掴むなど、様々な形で役立てましょう。

探し方⑥:大学生の友人から長期インターンを紹介してもらう

最後に、個人的なネットワークを利用する手段も取り入れることをおすすめの探し方です。
身近な大学生の友人や知人、先輩が経験した長期インターンシップ情報は直接的な評価や体験則を通じて知ることができるため、非常に信頼性が高いのがメリットです。
また、既にその企業で働いている人を介しての紹介は、企業側にも誠意をもって受け止められる可能性があります。
人のつながりが新たなチャンスを生むことも多いので、紹介される実現性も低くありません。
ただし、紹介をお願いする際には、どのような長期インターンシップを希望するか明確に伝え、その上で協力を求めるようにしましょう。
信頼関係を大切にしながら、周囲の支援を得ることが、良い求人の探し方につながる鍵となります。

2. 後悔しない長期インターンの選び方の必要ポイント

長期インターンシップは、大学生が実務経験を積むための大きなチャンスです。
ただし、単に長期インターンに参加するだけでなく、後悔しないよう目的をしっかりと考え、自分にとって本当に価値があることを選ぶことが大切です。
そのためには、業界の理解や自分自身のキャリアプランをしっかりと考慮して、適切な選び方をする必要があります。
インターンをする目的はなにかを考え、自分の成長につながるかどうかを見極め、将来的に役立つスキルを身につけることを目指しましょう。
また、選択する長期インターンが自分の専攻分野や興味のある職種に即した内容かどうかも選び方や探し方の中で、考慮するべきポイントです。
以下に、選び方の必要ポイントを解説していきます。

2.1. 「いつから」ではなく早期からスキルアップを考える

長期インターンを始めるにあたり、いつから始めればいいだろうと考えてしまいますが、大学生活の早い段階から、キャリア形成やスキルアップを意識することは非常に重要です。
長期インターンの選び方のポイントとして、どのような能力を伸ばすことができるのか、また、将来の職業にどう役立つのかなどを決め方の一つとして捉えましょう。
例えば、マーケティングの知識を深めたい場合は、実際にマーケティング業務に携わる長期インターンシップを選ぶと良いでしょう。
具体的なプロジェクトに取り組むことで、実践的なスキルを身につけることが可能です。
また、他部門とのコミュニケーション能力やチームワークを養うことも重要なポイントになります。

2.2. 自分の専攻に合った求人を探す

長期インターンの探し方として、自分の学んでいる専攻や専門分野に関連しているかをポイントとすることは、学びを深めると同時に、将来のジョブマッチングに大きなメリットをもたらします。
情報技術を学んでいるならIT企業でのインターン、マスコミ関連の勉強をしているなら出版社や広告代理店での長期インターンが適しているように、自分の知識を活用できる仕事をしていきたいと思う大学生は、関連した分野での探し方を考えてみることが重要です。
専攻に直結する仕事を経験することで、専門知識を深め、より具体的な職業観を形成することができます。

2.3. 将来のキャリアプランと照らし合わせて職種を探す

自分の将来のキャリアプランをじっくりと考え、その目標に向かって経験を積むことができるかどうかも長期インターンの探し方として重要な要素であり、自分が活躍できる仕事選びにつながっていきます。
例えば、海外での就労を考えている学生さんは、国際的な業務に関われる長期インターンや語学スキルが活かせるポジションを念頭に置いた探し方を考えると良いでしょう。
また、起業を目指しているならば、ベンチャー企業での幅広い業務に携われる長期インターンが適しています。
大手だからといった表面的な目線ではなく、目的や自分の目指す将来像と照らし合わせ、最も適した長期インターン先を選ぶことが成功の鍵となります。

3. オンラインでの長期インターンの探し方のコツ

インターネットの普及により、長期インターンの探し方の前提として、オンラインを活用することが一般的になってきています。
しかし、様々な情報が交錯するネット上で、どうやって適切な長期インターンを見極め、応募するかが求められるポイントとなります。
効率よく、かつ確実に自分に合った長期インターンを見つけ出すためのコツを、次の項目で詳しく解説していきます。

①自分が応募する目的や目標を知ることから探し方を考える

長期インターンに応募するにあたって、まず最初に明確にしておくべきは、自分が何がしたいのを知る時間をつくり目的を把握することであり、同時に応募するための目的や目標を知ることです。
目的が無い応募は、志願動機の不明確さを招き、後のモチベーションの低下にもつながりかねません。
自己分析を行い、何を学びたいのか、どんな経験を積みたいのか、具体的な目的や目標を持つことが重要です。
それにより、検索条件の絞り込みがしやすくなり、目的にマッチした長期インターンを見つけやすくなります。選び方も同様にこの視点をもって、取り組みとより良いインターン先に出会うことができます。

②興味のある業界を軸に求人企業を探す

次に考慮するべきは、どの業界に興味があるかを探し方の軸にするという方法です。
自身が将来見据えている業界が明確であればあるほど、長期インターンの検索効率は高まります。
逆に、業界が未定の場合には、様々な業界の長期インターンを幅広くチェックすることで、自分の未知なる興味を刺激するものを見つけ出すきっかけにもなり得ます。
どちらにせよ、長期インターンを通じて業界研究を深めるという意識を持つことが大切です。

③興味のある職種を軸に求人企業を探す

業界選びと並行して、どんな職種に関心があるかを検討することも、長期インターン探しにおいては欠かせない要素です。
具体的な職種をイメージすることで、必要なスキルセットや求められる人物像を把握しやすくなります。
例えば、マーケティングやエンジニアリング、コンサルタント等、職種ごとに求められる専門性は大きく異なります。
自分がこれから身につけたい専門性と合致する長期インターンシップを「職種」という視点から選択することは、キャリア構築においても重要なポイントとなります。

どんな会社で働きたい?という目線で求人企業を探す

最後に、職種に加え、自分がどういった企業文化の中で働きたいと考えているかを考慮することも、適切な長期インターンシップ選びには不可欠です。
大手企業と中小企業、スタートアップでは、その組織文化や雰囲気、与えられる役割や責任が大きく異なります。
また、フラットな組織か、ヒエラルキーが強い組織かも選択における要因です。オンラインで探す場合、会社の公式サイトや社員のブログ、SNS等から企業文化を理解することも一つの手段です。
大手だから良い、スタートアップだからかっこいいなどのイメージではなく、自分に合った環境でなければ、長期インターンを通じて成長することは難しいため、事前にしっかりとリサーチをすることが重要です。

4. 長期インターンシップの探し方で特に気にすべきポイント

現代の大学生にとって、長期インターンシップの期間は貴重な実務経験を積む絶好のチャンスです。
選び方によっては、将来的なキャリア形成に大きく影響することから、後悔しないようにするためにも、企業選びは慎重に行うべきでしょう。
その際に留意すべきポイントをいくつか解説していきます。
まず、長期インターン先の企業が提供する給料や待遇、職種などの業務内容、勤務体制など、自分自身のライフスタイルや価値観に合致しているかが重要です。
同時に、参加する期間が長期間にわたるため、後悔しないよう自己成長や学びに直結する環境かも見極める必要があります。本解説を通して、大学生活が少しでも有意義になるようにしてください。

4.1. 大学や部活動などと両立できる日程を確保できるか

長期インターンでは拘束時間が長くなるケースがあります。
そのため、長期インターン期間中が、自分が通う大学のスケジュールや、部活動との両立が可能かどうかは探し方の中で重要なポイントとなります。
長期インターンシップ先を検討する際、インターン期間中のシフトの融通が利きやすい企業であるか、勤務時間や休日が明確に定められている企業を選ぶことがポイントと考えられます。
自身のやりたいことと長期インターンシップのバランスを取りながら、後悔せずに充実感と達成感を得られるよう日程調整ができるかも見極めましょう。

4.2. 仕事に見合った給料をもらえる企業で働けるか

長期インターンを選ぶ際に、給料は見過ごせない要素です。
実務経験を積むだけでなく、仕事に対する正当な報酬がもらえるかどうかはデリケートな問題です。
安価な労働力としてではなく、実力や貢献度に応じた給与体系である企業選びが重要になります。
さらに、将来的なキャリアアップの可能性も企業選びの際に考慮すべきポイントでしょう。

4.3. 自分の性格や強みを知る・伸ばすにつながっているか

長期インターンの選び方を考える上でで大切なのは、長期インターン期間中に自己の強みや弱みを知る機会に出会えるかどうかです。
実務経験を通して、自分の得意分野や改善点を理解し、さらにそこから学びを深めることができるかどうかは、後悔しないためにも非常に重要となります。
また、メンターシップ制度を設けている企業や、フィードバックの文化が確立されている企業は、自己成長の促進につながります。
自分自身の目指す方向性と合致する長期インターン先を見つけることが、自己実現への第一歩となるでしょう。そのため、いつから始めるかを考えずに、出来る限り早めに始めることをおすすめします。
また、最終的に長く続けていける職業を探し方のポイントにしてみることが大切です。

5. 長期インターンシップの探し方で気にしておきたい注意点

長期インターンシップの探し方で、見落としがちな点がいくつかあります。
注意しなければ、せっかくの長期インターンが実りのある経験に繋がらないかもしれません。
目的意識の有無や、勤務スケジュールの調整、企業選びの基準など、しっかりと考慮すべき複数のポイントを解説していきます。
これらを頭に入れることで、より自分に合った長期インターンシップを見つけ出すことができるため、気にしておきたい注意点についてもあわせて解説します。

注意点①大手やベンチャーという選び方や基準だけで探していないか

長期インターンシップ先に参加する前の探し方の基準に「大手企業」や「ベンチャー企業」という基準で選ぶ学生さんがいますが、それだけで判断するのは危険です。
業界や職種での経験が重要なのに、大手という規模や名前だけで選んでしまうと、自身の成長に繋がる機会を逸する可能性があります。
大手であれば安定し、ベンチャーではスピード感を持って仕事ができると一般には言われていますが、実際にはその企業固有の特色を理解した上で選択をする必要があるのです。
経験できる業務内容、社風、指導体制などさまざまな角度から検討することが大切です。

注意点②目的意識を整理する前にとりあえず探していないか

長期インターンシップを受ける上で大切なのは、”なぜそのインターンに参加するのか”という目的意識を持つことです。
単に履歴書に良いという理由や、大手のインターンシップであれば就活で有利という思い込み、とりあえずの就業経験を積みたいといった浅い動機では、充実したインターン生活を送ることは難しいでしょう。
自分が何を学びたいのか、どう成長したいのか、将来のキャリアにどう活かすかを考え、それにマッチしたインターンシップを探すことが重要です。
そうすることで意欲的に取り組むことができ、長期インターンシップから多くを得ることができるでしょう。

注意点③勤務スケジュールや期間に無理はないか

長期インターンシップでは、勤務スケジュールの管理も重要なポイントです。
長期インターン期間中であっても、学業やプライベートとの両立を図りながら効率的に働くためには、無理のない計画を立てることが肝心です。
業務量が多すぎたり、勤務日数や勤務時間が予定外に増えたりすると、本来の目的を見失ってしまうことがあります。
また、体調を崩してしまい、長期的な視点での学びが得られない状況になりかねません。
長期インターン先としっかりとコミュニケーションを取りながら、充実したインターンシップ期間を経験できるよう、実生活との調整を図ることが大切です。

注意点④職種ではなく業界や企業だけで選んでいないか

長期インターンシップを探す際には、職種に注目して選ぶことも重要です。
自分が興味を持ち、熱意を持って取り組める職種で働くことは、モチベーションを保つ上で非常に有効です。
業界や大手企業などのブランドに惑わされず、実際の仕事内容や、自分が得たいスキルに照らし合わせて職種という観点で選択をすることが大切です。
あまり大手とはいえない知名度がない企業や業界であっても、そこでしか得られない経験があるかもしれません。
自分のキャリアや将来を考えた上で、幅広い視野を持って長期インターンシップ選びをするべきです。

注意点⑤評判や口コミを確認しているか

長期インターンシップ先を選ぶ際には、他の長期インターンシップの評判や口コミを確認することも大切です。インターネットを活用すれば、さまざまなサイトやSNSで長期インターンシップ先の評判を調べることが可能です。ただし、一つの評判だけを鵜呑みにせず、多角的な視点で情報収集を行うことが重要です。

注意点⑥自分一人で探し続けていないか

長期インターンシップの探し方として、一人で探し続けるのではなく、キャリアセンターや専門家、先輩などに相談することも有効です。彼らは就職活動に関する経験豊富なため、自分では見つけられないような情報や視点を提供してくれます。また、自分が見落としている重要なポイントを指摘してくれることもあります。

これらの6つの注意点を心に留めて、長期インターンの探し方を進めていくことで、自分に最適な長期インターン先を見つけることができるでしょう。大学生で取り組む長期インターンにかける時間は、一生のキャリアを左右する重要な経験となりますので、じっくりと時間をかけて検討することをお勧めします。

カテゴリ
同じカテゴリの記事