• 長期インターンとは?特徴からメリットや流れまでまるっと徹底解説!
公開:2024/02/17  更新:2024/05/11

長期インターンとは?特徴からメリットや流れまでまるっと徹底解説!

アルバイトにない長期インターンシップの魅力

キャリア形成における新たな選択肢、それが長期インターンシップです。大学生や若手社会人にとって、貴重な実務経験を積むチャンスとして注目されており、多くのメリットがあります。
では、具体的に長期インターンとは何なのか、その特徴とメリット、さらに参加するまでの流れについて、この記事で詳しく解説していきましょう。
アルバイトとの働き方と意味合いの違いがわかれば、長期インターンシップが、将来の道標となるような有効な手段だと気づきます。それでは見ていきましょう。

1. 長期インターンとは?大学生におすすめする理由を解説

長期インターンは学生が企業での実務経験を積むために行う就業体験です。
実際の企業の職場で長期間働くことで、仕事の流れや職場の雰囲気を経験し、さまざまな業務に触れることがメリットといえます。
一般的には3ヶ月以上続けることが多く、実務経験としても高く評価されます。
学生にとってメリットは多く、実際の業務を通じて自分の強みを把握したり、将来の職業選択に役立てたりすることができます。
また、貴重な社会人のネットワークを築くことも可能です。
しかし、長期にわたるため、学業との両立や時間管理が必要になるなどの課題もありますが、メリットが多く、大学生に選ばれているのです。

2. 始める前に!特徴とメリットをしっかり理解

長期インターンシップは、学生が職業体験や実務経験を積むためのプログラムのひとつです。
この取り組みは、単なる短期アルバイトとは大きく異なり、キャリア形成や職業教育の面で多くのメリットを有しています。
長期インターンシップに関心のある方々や、これからチャレンジしようと考えている方たちにとって、その特徴やメリットを理解することは重要であるといえるでしょう。
例えば、実務に近い形で学べる環境、社会人としての基礎を学べる機会、将来的に働きたい業界や企業への理解を深めることなど、長期インターンシップならではの利点が数多く存在します。

ポイント①:どのくらいの勤務時間を働くのか

長期インターンシップの勤務時間は、参加する企業や団体によって異なりますが、典型的には、週に数日からフルタイム、週5日8時間勤務、までの幅広い選択肢が用意されています。
また、学業との両立を考慮した柔軟なスケジューリングが可能な場合もあります。
これによって、大学生は授業や試験期間の調整をしながら、無理なくインターンシップに取り組むことができるようになります。
ある程度自分の時間をコントロールしながら働くことが可能ですが、しっかりとしたスケジュール管理が求められることも覚えておく必要があります。

ポイント②:勤務形態はどうなっているのか

長期インターンシップの勤務形態も多岐にわたります。
例として、オフィスでの定時勤務、リモートワーク、フィールドワークなど、業務内容に応じて様々な勤務形態が存在します。
特に最近では、在宅勤務を取り入れる企業が増えており、インターンもその対象となっていることがあります。
通勤時間を削減できるリモートワークは、学業とのバランスをとりやすくするなどのメリットがある一方で、自己管理能力がより求められることになります。

ポイント③:給料体系はどうなっているのか

長期インターンシップにおける給料は、無給のものから時給制、月給制など、様々な形態があります。
無給のインターンも存在しますが、多くの企業では経験やスキルに応じた報酬を提供しています。
報酬額は業界や地域、業務内容によって大きく異なることが一般的です。
給料が発生するインターンシップでは、アルバイトとしての価値だけでなく、実務経験を積み、将来のキャリア形成に役立てるという意義を持った経験が期待できます。

意味ない?長期インターンシップのメリットを徹底解説

意味ないという意見も聞かれる長期インターンシップですが、長参加することは、現在の大学生にとって一つのキャリア形成手段として注目され、ますます一般的になっています。
一体なぜ長期インターンがこれほどまでに重宝されるのか、その理由は様々です。実際のビジネスシーンで通用する専門的な技能を身につけることはもちろん、実際の企業の社風や業務を体験することで自分に合った職種を見つけることができます。
しかし、一方で学業との両立や、本格的な仕事だけに負担も大きいことがあるのです。この節では、長期インターンシップの特長と、それが持つメリットやデメリットについて詳しく説明していきます。

メリット①給料をもらいながら実務体験ができる

給料を受け取りながら実務経験を積むことが可能になるというのは、長期インターンシップの大きな魅力であり、おすすめするポイントの一つです。
学生でありながら実際に働くことで得られる経験は、将来的に職を選ぶ際に大きなアドバンテージとなりえます。
実務を通じて学べるスキルは多岐に渡り、現場での問題解決能力やコミュニケーション力、業界固有の知識などは就職活動は言うまでもなく、今後の職業人生を通じて非常に有益なものになります。
給料が支給されるため、金銭的な自立を助けながらスキルを磨くことができるのは、学生にとって非常に心強い事でしょう。

メリット②ガクチカにもつながる!様々な企業や職業を複数体験できる

アルバイトでは、企業の業務を補助的に行ったり、店舗作業に関わったりという実務が中心となっており、どちらかというと単純作業が多い形態になります。
一方の長期インターンシップでは、自分のキャリア形成につながる専門的なスキルを習得したり、企業の本格的なプロジェクトに参画したりすることが多い点もおすすめする理由となります。

特に、長期インターンシップではアルバイトにはない職務体験が可能である点が魅力とされ、学生が自分の進路を決定する際の重要な基準となります。
また、就活の際にガクチカとしても活用できる場合もあり、長期インターンシップで経験したことや頑張ったことをガクチカとして、説明するだけで、志望動機に一貫性がでるなど、メリットも大きい言えます。

メリット③就活前の業界や企業・職業理解ができる

長期インターンシップを通じて、特定の業界や企業、さらには職種の深い理解が可能となる点も、おすすめできるポイントの一つです。
ただし、理論だけではなく、現場で実際に働くことによって、その魅力やチャレンジ、日々の業務のリアルを肌で感じることができるのです。
これらの経験は、入社後に適応する速度を速め、また、入社前に業界に対する具体的な理解を深めて就職活動に役立つことでしょう。
また、就業体験をすることで自分が興味を持っていた業界や職種が本当に自分に合っているかどうかの判断材料にもなります。

4. 短期インターンとの違いとメリットとは?

学生が企業での実務経験を積む手段として、インターンシップは大変重要な役割を果たしています。特に、長期インターンと短期インターンでは、その目的や経験の深さが異なりますし、参加に当たっての準備や心構えも変わってきます。ここでは、二つのインターン形態の違いについて詳しく見ていきましょう。

まず、期間の長さが明確な違いとして挙げられます。長期インターンは、数ヶ月から1年以上に亘る場合もありますが、短期インターンは数週間から1ヶ月程度の期間に限定されています。この期間の違いは、インターンシップにおける学びの深さに直結しており、より実務に近い経験が得られるのが長期インターンであり、おすすめできる最大のポイントになります。

次に、実務に携わる度合いの違いがあります。長期インターンでは、実際の業務を担当する確率が高く、企業側も学生が業務にどれだけ貢献できるかを重視します。これに対して短期インターンでは、より観察や体験学習の要素が強くなり、企業文化や業界の理解を深めることが目的となります。

最後に、インターンシップを通じて築くことのできるネットワークの広がりです。長期間企業に身を置くことで、より多くの社員と関わり、深い人間関係を築くことができるでしょう。反対に短期インターンでは、限られた期間の中で効率的に学び、企業が学生に何を期待しているのかを敏感に感じ取ることが大切です。

こうした違いを理解することで、自分が何を得たいのか、どのインターンシップを選べば良いのかの判断に役立てることができます。次項ではさらに詳細な違いを見ていきましょう。

長期インターンと短期インターンの比較

4.1. 長期インターンシップにおける企業と学生の関係性

長期インターンシップでは、大学生は企業において、実質的に社員と同じように業務に従事することになります。これにより、企業文化や業務の流れに理解を深められるだけでなく、実際のプロジェクトに携わることで、仕事を遂行する上での実践的なスキルが身につきます。また、社内の人と密接に働くことで、ビジネスコミュニケーション能力やチームワークを養うことができるのです。

一方で、学生側も企業に対して責任感を持ち、社員と同様に仕事に取り組む必要があります。長期インターンシップを選ぶ学生は、より高い意識とプロ意識を持って臨むことが求められるでしょう。そのため、自己管理能力や時間管理能力も鍛えられ、将来社会に出た時に役立つスキルを多く身につけることができると言えます。

さらに、長期インターンシップを通じて構築される人的ネットワークは、就職活動においても強力な武器となり得ます。実際に企業で働いた経験やそこで築いた人間関係は、履歴書や面接での強みとして、大きく評価されることでしょう。

こうした関係性は、短期インターンシップではなかなか築くことが難しく、長期インターンならではの利点と言えるでしょう。それぞれのインターン形態には、このように特徴がありますので、より自分自身のキャリアプランに合致した選択が重要です。次は、それに基づいたインターン選びの具体的なアプローチについて考えていきましょう。

5. アルバイトとの違いとメリットとは?

就職活動を前に、実務経験を積むために「長期インターン」と「アルバイト」の選択を迫られることがあります。
しかし、これらの働き方には、大きな違いが存在します。
長期インターンは企業での就業体験を通して、専門的なスキルや、社会人としての仕事のやり方を学ぶことができます。一方、アルバイトは短期で働きながらお金を稼ぐことが目的となることが多いです。
どちらを選ぶにせよ、自身のキャリアプランに合わせた選択が重要になります。

長期インターンシップの意味

5.1. メリットとアルバイトとの明確な違いについて

長期インターンの最大の魅力は、大学生にとって就職後のイメージを掴みやすい点にあります。実務を通じ、企業の業務流れや、職場で求められるコミュニケーション技術などを学ぶことができるのです。さらに、メンター制度が設けられている場合、一人ひとりに合った指導を受けることも可能です。これらは明確なキャリア形成に繋がり、就職先を決める際の大きな指標ともなります。

一方のアルバイトでは、職種にもよりますが、単発的な仕事を行うことが多く、キャリア形成への直接的な貢献は少ない傾向があります。アルバイトが提供する柔軟な労働形態は、学生にとって魅力的ですが、短期間での雇用が多いために、実務スキルよりも、即戦力として働けるスキルが求められる傾向にあるのです。

長期インターンでは企業側も将来的な人材確保を見据えた育成に力を入れることが多いですが、アルバイトの場合は即時の業務遂行が期待されるため、育成にかける時間やリソースは限られがちです。結果として、長期インターンは自分が就きたい職種や業界での専門的な知識や経験を積むことが可能になりますが、アルバイトでは実務経験に乏しいまま職場を経験することが多くなります。

長期インターンとアルバイト、どちらの選択も学生の将来に大きな影響を及ぼします。自分のキャリア形成にとってどちらが有益か、慎重に選択する必要があり、今だけでなく、未来を考えて選択することをおすすめします。
その上で、将来性を見据えた選択は価値ある学生時代を送る秘訣であり、長期インターンシップの魅力といえます。

6. 長期インターン参加までの流れを徹底解説

長期インターンシップに興味を持つ学生のみなさん、その参加までの流れについて詳しく解説します。長期インターンシップは短期間のものとは違い、企業で実務経験を積む絶好の機会です。
しかし、その参加まではいくつかの重要なステップを踏む必要があります。目的の整理から求人応募、選考を受けるという順番で進めていくことが、成功へのカギとなるでしょう。各ステップで何を意識し、どのように準備を進めればよいのか、的確なアドバイスを提供します。

1.参加する前にインターンシップ参加の目的や意味を整理する

始めに、長期インターンに参加する目的をしっかりと整理しましょう。明確な目的があると、自己成長のために何に力を入れたいのか、学業との両立で何を大事にするのかを決めることができます。

例えば、社会人としての働き方を学びたい、特定の業界での経験を積みたい、将来起業するための知識と経験を得たいなど、人によって目的は様々です。自分自身にとって最適なインターンシップを選ぶためにも、この過程は非常に重要になりますので、じっくりと時間をかけて考えましょう。

2.興味のある職種や企業・業界を考える

さらに、長期インターンは自身が持っている専門的な知識を深める機会でもあります。
該当する企業の探し方として長期インターン求人サイトから、該当する職種や業界を選択することで、興味のある職種や業界のインターンに参加することができます。
例えば、IT企業のインターンシップではプログラミングのスキル向上はもちろん、最新のテクノロジーや開発手法を身につけることができます。
これは現代の競争社会において、大きな武器となることは間違いありません。

3.応募の際に求人サイトやキャリアセンターを利用する

興味のある分野や企業が明確になったら、いよいよ求人に応募しましょう。応募の際は、履歴書や職務経歴書を丁寧に作成することが大切です。加えて、カバーレターや自己PR文書には、長期インターンに参加する自分の熱意や意気込みを情熱的かつ具体的に表現することがポイントです。
探し方の主流は、求人サイトや大学のキャリアセンターを利用することで、多くの情報を得ることができますので、積極的に利用してみてください。また、応募する際は締め切りをしっかりと確認し、遅れないように注意しましょう。
特に求人サイトからはフルリモートなどの記事が掲載されており、全国をカバーしているサイトが多いことから、おすすめです。

4.長期インターンの選考を受ける

応募後は選考を受けることになります。選考の形式は、書類選考、面接、グループディスカッション、適性検査など、企業によって様々です。それぞれの選考にしっかりと対策を行うことが求められます。面接では、あなたの強みや長期インターンで学びたいことをはっきりと伝えることが重要です。
また、自己分析をしっかりと行っておくことで、選考官の問いかけに対しても明快に自分の思いを伝えることができるでしょう。事前の準備を怠らず、選考に臨みましょう。

7. 先輩の長期インターンの体験談からポイント解説

最後に、長期インターンシップでは参加者に対する多くの優遇措置があります。
これは長期インターンシップが、企業にとっては人材を事前に確保できる大きなメリットがあるからです。

体験談①自分の強みを知る機会になった

ある先輩は、長期インターンシップを通じて自分の強みと弱みを改めて認識する機会になったと語ります。実際に業務を経験することで、単に学問の理解があるということではなく、それを仕事にどのように活かせるかが見えてきたのです。
また、チームワークの重要性や時間管理の能力など、職場で求められるスキルも身に付けることができました。この経験により、就職活動において自分のアピールポイントが明確になり、面接でも自信を持って話すことができるようになったのです。

体験談②知識だけでなく複数の体験から自分の興味が明確になった

別の先輩は、異なる業界での長期インターンを経験することで、自分の興味のある分野を明確にできたと言います。最初はあいまいだった職業観が、様々な実務を経験する中で具体的なものへと変わっていったのです。
また、職業や業界に対する理解が深まることで、就職後のキャリアプランを考える上での大きな手助けにもなりました。実践の場を複数経験する中で、自分にあう働き方や環境を見つけることができたという、非常にポジティブな影響を受けたと述べています。

体験談③表面ではわからない企業風土を知ることができた

さらに、企業風土を肌で感じることができたという先輩もいます。たとえば、就職活動での企業説明会やインタビューでは得られない、日々の社員同士のコミュニケーションの様子や、実際の労働環境を体験することができたのです。

企業文化や働く人々の価値観が自分に合うかどうかを見極めることは、就職を成功させる上で重要な要素です。長期インターンで培った経験は、自分が本当に求めている職場環境を見つける上での貴重な道しるべとなりました。

カテゴリ
同じカテゴリの記事